福岡から全国へ。 就活生〜20代社員に、表現力と傾聴力を。(株)就面
株式会社就面(福岡) 就面リンク 就職、人事、採用などご相談
就面.com


1対1の面接個別指導
プレゼンイベント「社長への挑戦状」
就活ノウハウ公開中
貴校で就活講座・相談業務
就職支援体制を無料診断
職員版=就活講師育成PG
合宿型=社員研修
20代社員研修・講座
上司⇔部下
目線の違い調査・分析
社長向け人材定着支援
はじめての営業職

 




5分前行動
面接会場には、開始5分前には着くように行動しましょう。面接開始時間に遅刻しそうな時は、早めに連絡をとりましょう。「1分くらいなら遅れても大丈夫」は、ビジネスの世界では通用しません。
面接の待ち時間
面接の始まりは、待ち時間から。
待合室でも、節度ある行動・態度を心がけましょう。結構見られてますよ。
入室〜着席
1.ドアをノックする ※ノックは3回
2.「どうぞ」と言われてから、元気な声で「失礼します」と発する。
3.ドアノブをゆっくりと開け閉めし、入室(閉める音を極力出さない)
4.面接官の方に振り向き、背筋を伸ばし「失礼します」と発する。→お辞儀
5.「どうぞこちらへ」と言われ「はい」と発し、座るイスの横まで歩く。
6.イスの横に立ち、背筋を伸ばし
  「○○○(学校・学部)の○○○(名前)です。本日はよろしくお願い致します」と発する。
7.「どうぞお座りください」と言われ「失礼します」と発し、座る。
※面接中は、背筋を伸ばし、少しアゴを引く。目を見て、笑顔を心がける。
面接終了〜退室
1.「以上で終了です」と言われたら「ありがとうございました」と発する。→お辞儀
2.イスの横に立ち、背筋を伸ばし「失礼します」と発する。→お辞儀
3.ドアまで歩き、面接官の方に振り向いて背筋を伸ばし「失礼します」と発する。→お辞儀
4.ドアノブをゆっくりと開け閉めし、退室(閉める音を極力出さない)
面接会場を出ても、しばらくは気を抜かない
面接会場の建物を出てすぐに、タバコ吸ったり、地べたに座り込んだり、友達と電話で面接のことを大声で話したりする学生が多くいます。会場近くなので、どこでその会社の方に見られているかわかりませんよ。せっかく頑張った面接を無駄にしないためにも、最後まで気を抜かないように。


第一印象は、選考に大きな影響を与えます
面接は、最初の数分でイメージが出来上がると言われています。そしてそのイメージ=第一印象は、その後の選考にもずっと影響を与えていきます。第一印象を決める要素は、話し方や表情など様々ありますが、その中でも意外と大きなシェアを占めているのが、外見です。ここでは、その外見=身なりについてまとめていきたいと思います。
最も求められていることは、「清潔感」
身なりに関する、以下項目をクリアして面接に臨もう!
きれいに磨くことを心がけよう。靴は、本当に見られています!面接会場に入る前には必ずチェック。汚れていたらトイレ等でサッと拭こう!
男性/色は黒、ひも靴がベター。靴下はビジネス用の黒か紺。
女性/色は黒、ヒールは適度な高さのもの。生足は×。必ずストッキング着用
ベルト
靴が黒なので、ベルトも黒。靴とベルトの色を合わせるのが基本。
髪型
色は、黒髪が基本。女性の場合、ナチュラルな茶髪なら気にしない会社もあるようですが、無難なのは黒髪。寝ぐせ・ボサボサは×。整髪料でセットしたり、女性なら結んだりしてまとめる。耳は出している方がベター。すっきりしたイメージを与えられます。
特に女性に多いのですが、うなずきやお辞儀の度に髪が乱れ、面接中何度も直すために髪をいじる方がいます。これは印象を落とします。乱れにくいまとめ方をしていきましょう。
シャツ
色は白。襟と袖が特に見られているので、アイロンがけを忘れずに。
スーツ
色は、黒・濃紺。女性の場合は、チャコールグレーでも可。ダボつく大きいサイズはNG。小さくてピチピチのもNG。適度なサイズで。
ネクタイ(男性)
シャツの一番上のボタンが隠れるように、ネクタイの玉は上まであげる。だらっとした締め方している就活生が多いので注意。
ヒゲ
きれいに剃っていこう。鼻毛チェックも忘れずに。
メイク(女性)
ナチュラルなもので。
身近な専門家に相談しよう!
靴・スーツ・ネクタイは、専門店に行って、自分に合ったものを相談してみてはいかがでしょうか。特に男性諸君、ネクタイの結び方も教えてもらえますよ。女性のメイクも、化粧品売り場などで、スタッフの方にアドバイスを受けることをオススメします。「餅は餅屋」って言いますからね。


「話し言葉」では通用しない。コツが必要
会社は違えど、面接官が最も求めるのは“熱意”です。熱く伝えようとする思いが、面接官の気持ちを揺さぶります。しかし面接時間は短いもの。思いつきで、だらだらとまとまりの無い話し方をしたら、熱意も不完全燃焼のまま時間切れ!なんてことは、よくあります。
「簡潔に、そして熱く語る。」これが「面接時の話し方」として大切なことです。
そのためには、
【1】事前にしっかりと思いをまとめ
【2】それを効果的に伝えるポイントを抑え、
【3】しっかりと練習すること。
【1】は自己PRの作り方、【3】は面接の練習方法をご参照ください。
【2】は、以下のチェックポイントにてご確認ください

チェックポイント 〜面接練習をする時にご活用ください〜
表情(笑顔を心がけていますか?)
声量(小声になっていませんか?)
話すスピード(早口になっていませんか?)
初めに結論を述べる(だらだら話していませんか?)
感情を込め、抑揚をつけて話していますか?
目を見て話していますか?
語尾(「〜でぇ、〜でぇ、…」と語尾を伸ばしていませんか?)
クセ(貧乏ゆすりしたり、足組んだり、髪いじったりしていませんか?)
質問に合った返答(的外れなことを言っていませんか?)
姿勢正しく(少しアゴを引いて、背筋をピン!と。)
正直・素直に(ウソをついて大きく見せようとしていませんか?)
自信を持ち、言い切る!
プラス表現(マイナス思考になっていませんか?)
必ず事前に質問を用意して面接に臨みましょう
面接の終わりに「何か質問はありませんか?」とよく聞かれます。その時に「特にありません」はNG。
説明会や面接や新卒サイトを見たからといっても、それは会社のほんの一部。わからないことばかりのはずです。それなのに「特にありません」と言われたら、面接官は、「この学生は、うちの会社にあまり興味は無いのかな?」と思います。面接に入る前に、いくつかの疑問・質問を用意しておきましょう。
※面接の途中で、質問内容が1つくらいは解消される場合もありますので、複数用意するのがベター。


尊敬語・謙譲語・丁寧語… 使えますか?
ここでは、敬語の基本についてまとめます。基礎レベルではありますが、これだけでも十分差がつきますよ。しっかりマスターしましょう。
敬語には、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類があります。使い分けできていますか?

尊敬語
尊敬語は、主語が「相手」の時に使う言葉です。「あなたが〜する」の文章に使うと覚えてください。
これだけは使いこなそう!<基本文>
「お〜くださる(〜なさる)」 例)「どうぞお話ください」
これに変えるだけで尊敬語になる!よく使う慣用的な言い方
「する」→「なさる」
「言う」→「おっしゃる」
「来る」「行く」「いる」→「いらっしゃる」
「見る」→「ご覧になる」
謙譲語
謙譲語は、主語が「自分」の時に使う言葉です。「私が〜する」の文章に使うと覚えてください。
これだけは使いこなそう!<基本文>
「ご(お)〜いたす(〜する)」 例)「ご紹介いたします」
これに変えるだけで謙譲語になる!よく使う慣用的な言い方
「する」→「致す」
「言う」→「申す」
「来る」「行く」→「参る」
「行く」「聞く」→「伺う」
「見る」→「拝見する」
「知る」→「存じ上げる」
「います」→「おります」
丁寧語
基本は、語尾を「〜です」「〜ます」に変えること。一番簡単で使いやすい敬語です。

敬語、特に尊敬語・謙譲語を駆使出来ている学生はそれだけでしっかりしたイメージを与えることができます。尊敬語・謙譲語は、身についていないと使えない言葉。普段から意識して話す練習を繰り返してください。
 




株式会社就面(福岡) 就面リンク 就職、人事、採用などご相談