福岡から全国へ。 就活生〜20代社員に、表現力と傾聴力を。(株)就面
株式会社就面(福岡) 就面リンク 就職、人事、採用などご相談
就面.com


1対1の面接個別指導
プレゼンイベント「社長への挑戦状」
就活ノウハウ公開中
貴校で就活講座・相談業務
就職支援体制を無料診断
職員版=就活講師育成PG
合宿型=社員研修
20代社員研修・講座
上司⇔部下
目線の違い調査・分析
社長向け人材定着支援
はじめての営業職

 




面接時の「緊張」は、「慣れ」で解消
「面接は、その場で思いついたまま話せばいい」
全国の多くの学生から、このような発言が聞かれます。そして「それでうまくいったから大丈夫」と後輩達に伝えている先輩も多いようです。
確かにそれでうまくいく、話が巧みな方もいらっしゃることでしょう。ですが、そんな方達はほんの一部。そんな考えで面接に臨んだ大半の学生が「うまく伝え切れなかった」と、ため息を漏らします。先輩がうまくいったからといって、後輩達もうまくいくとは限らないのです。
そしてそのうまくいかなかった根本が面接の練習不足であることに、いつまでも気づかない学生が多いのも事実。
面接は十分な準備と練習により、自信や確信が生み出されます。そしてその自信や確信が、面接本番で、気持ちの余裕を生み出します。予想外の質問が来ても、機転を利かせて柔軟に対応できるのは気持ちに余裕があるからこそ。動揺してアタフタするなんてことも無く、堂々と自信を持って思いを伝える面接をするためにも「面接は練習が大切」なのです。
面接練習をした学生の方々から頂いた感想を、一部紹介致します
面接の実戦練習はとても緊張しました。頭で考えていても、実際に、人の前で話すと、言葉が出てこなくて、思っていたことの30%も表現出来なかった。
どんなに伝えたいことや、伝えることがあっても、それを上手に伝えるための練習はすごくすごく大事なんだなと感じました。
企業情報などはかなり早くから準備してきたが、面接がこれほど難しいとは思わなかった。今後は面接に慣れることを重視しようと思う。
実際にやってみることで、自分がやるべきことや努力しなければいけないことを知ることができました。
面接の雰囲気をつかむ事ができました。自分の考えがまだ全然まとめられていないので、これから頑張りたいと思います。
面接の練習をする大切さを感じていただける学生が1人でも多くなりますように。


「3人1組」が面接練習の基本!それでは、面接の実戦練習を行いましょう
3人1組で行ないましょう。1人は「面接官」役
そして面接を受ける「応募者」役
残りの方は、そのやり取りをチェックする「観察者」役です

「応募者」役の方から、受けたい会社の情報(新卒サイト・ホームページ等)のコピーを残りお二人に渡して読んでもらってください。(時間3分)
面接開始(時間5分)面接の質問数は3つ程度に絞ってください。
※質問内容に関しては、こちらのよく出る!面接の質問例をご参照ください
【面接官役の方へ】質問への返答に対し「そうですか。具体的に言うと?」と言って話を深く掘り下げてください。
【観察者役の方へ】こちらの面接時の話し方にあるチェック項目をご活用ください。
面接が終わりましたら、振り返りを行ないます。(時間1人2分)
1.応募者役の方からの感想
2.面接官役の方からのアドバイス
3.観察者役の方からのアドバイス
【応募者役の方へ】頂いたアドバイスをしっかりとメモしましょう。これが面接上達の近道です。
そして役割交替 ※3人全員が面接練習をしてください
面接は練習が大切。回数をこなして、みんなで面接上手になっていきましょう!


就活の仲間がいれば、成長は早い。でも、1人でやるには限界がある。それなら、就活生同士で面接の練習をする仲間を作ってはいかがでしょうか。それが「就面サークル」。就活サークルの面接特化版と思っていただければいいです。
知り合い同士でぜひ組んでみてください。初めは遊び感覚でも、数ヵ月後、何もやっていない人よりグンと実力差ができていることに気づくはずです。しかし「周りにそんな仲間がいない」とか「少人数しか集まらない」ということもあるでしょう。そこで就面.comでは、学校を超えた就面サークル作りのアドバイスをいたします。あなたも同志を増やしませんか。
まずはお気軽にお問い合わせください お問合せ・ご相談フォームはこちら


以下の質問には、サラッと答えられるようになりましょう。面接練習をする際にご活用ください。
▼どんな人物かを聞くための質問
・あなたの性格(長所・短所)を教えてください。
・周囲から、あなたはどんな性格だと言われますか?
・趣味や特技を教えてください。
・部活やサークルは所属していますか?
・専攻しているのは何ですか?
・アルバイトはしていますか?
・ずっと続けていることはありますか?
・学生時代でやり遂げたと自信をもって言えることはありますか?
・自己PRをお願いします。
▼志望する本気度を聞くための質問
・志望動機を教えてください。
・数ある会社の中で、どうして当社を受けたのですか?
・他に面接を受けた会社はありますか?
・勤務地の希望はありますか?
・希望通りの部署に行けない場合はどうしますか?
・当社でやりたいことは何ですか?
・当社に入社後、どのように成長していきたいですか?
▼その他 〜実際あった質問〜
・あなたがもし当社の社長なら、まず何をしますか?
・お金と名誉、どちらを重視しますか?
・日本の少子化問題を解決するために、何をすべきだと思いますか?
※価値観を確かめるための変化球的な質問。自己分析と企業分析をしっかりと行ない、日々の社会情勢の動きにアンテナを張っておくと、変化球的な質問にも対応出来るようになります。
質問は、【抽象的→具体的】の繰り返し
簡単に言うと、
面接官「〜ですか?」(質問)
→学生「〜です。」(返答)
→面接官「なるほど。具体的に言うと?」 …と深掘りされていきます。
つまり、全ての質問に対して「私は〜です。なぜならば〜だからです」と返答できることが大事、ということになります。そのためにも、具体的な詳細内容やエピソードを、どれだけ思い出して、文章としてまとめて、端的に伝える練習を事前にしているか。これが大切なポイントとなります。
「具体的な詳細内容やエピソードをうまくまとめられない!」とお悩みでしたら自己分析シートが役立ちます。詳しくはこちらをご参考下さい。
 




株式会社就面(福岡) 就面リンク 就職、人事、採用などご相談